Y.D.S. のblog

映像制作のY.D.S.の日常などなど
<< PILOTFLY H1+ FE16-35mm | main | PILOTFLY H1+ frame upside-down auto detection. >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
How to the Balance of PILOTFLY H1/H1+
こんにちは。

Y.D.S.です。

PILOTFLY H1/H1+のバランス調整のやり方を動画でアップしました。

あくまで私のやり方です。

参考程度に見てください。

リンクは下の方にあります。

動画だけではわかりにくいところもありますので、静止画で解説していきます。


まずはミニ三脚などで自立できるようにします。











アームの可動部分を止めているネジ6か所を緩めます。

指さしているアームは一番下まで降ろします


カメラをのせたら前後のバランスから調整していきます。

矢印の方向にカメラを動かしてまっすぐに静止するように調整します。



前後の調整の際、矢印の部分を持って、ロール軸が動かないようにします。

ここではだいたいまっすぐになればOK

ネジを締め付けるとカメラが少し起き上がって荷重が後ろに移動します。

次にロール軸の調整です。

矢印の方向にカメラを動かして水平に静止するように調整します。

ここも大雑把な調整でOK

ネジがちゃんと緩んでいるのにアームが動きにくい場合はカメラを少し持ち上げる動きやすいです。



次にレンズを上に向けます。

上に向いた状態で静止するように調整します。

レンズが大きくカメラがアームに当たってしまう場合は本体ごと寝かせ、

レンズを上向きにしてやります。

この調整は若干上気味にセットしてやると良い結果が得られます。








ここまでの調整が終わったら再びカメラを正対に戻します。

前後のバランスが崩れていると思います。

また前後の調整からやり直します。

徐々にバランスがシビアになっていきます。

ネジを締めることでアームがどちらかに移動したりしてバランスが変わることもあります。

最終的に前後左右に45度に傾けて、その状態で静止することができれば理想のバランス状態と言えます。

根気よくやりましょう。

といってもH1+は慣れれば5分で調整が可能です。

バランスがとれたら六角ねじはしっかり固定しましょう。

使っていると意外と動きます。

それでは良い撮影を!!




Y.D.S.ホームページ  www.yds-net.com
Y.D.S.ネットショップ http://ydsnet.shop-pro.jp/
| sakezo | PILOTFLY | 22:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:33 | - | - |









http://yds-net.jugem.jp/trackback/231
ブログパーツUL5
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ YDS Homepage
YDSのホームページです www.yds-net.com
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE