Y.D.S. のblog

映像制作のY.D.S.の日常などなど
<< Remodeling of PILOTFLY H1+ Y.D.S.バージョン | main | Customized Nebula4000Lite >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
気を付けよう!ミラーレスカメラとレンズの組み合わせ
お疲れ様です。

SONY A7SやPANASONIC GH4の登場で撮影機材をコンパクトに収めることが可能になりました。

またこのボディサイズで4K収録や、フルサイズセンサーの恩恵が得られるようになりました。

Metabonesなどのマウント変換でEFレンズなどが使えるのもメリットです。

ところが、先日こんなトラブル?がありました。

「三脚にうまくカメラがのらない。。。」

現場でSachtler DV8のプレートをA7Sに取り付け、Metabones Ver.4とEF70-200で使おうとしたところ、うまく使えない。

とのこと。

カメラが小さくてレンズがでかい。再現してみました。


こういうことね。
これは、あぶない。。。

とりあえず三脚にはロックされているのですが、完全ではありません。

何かのはずみで外れてしまう可能性があります。

対処としてレンズについている三脚座にプレートを付けるように指示しましたが、これではレンズを交換するたびにプレートを付け替えることになります。

ついでに



CP.2 50makro


完全にアウトです。

幸いこのレンズにも三脚座のようなパーツがついていて1/4のネジが切ってありますが、この感じだとレンズの前の方が当たってしまうのは避けられませんね。

そんな時はRIGを使いましょう。



写真はmotion9社製A7S専用リグです。

カメラへの装着は少し面倒です。

専用とあるだけにガチガチに作ってあります。

全てのボタン類にアクセス可能で、手持ち時に指を引っかけるロッドや、ケーブルクランプなど、機能的に作られています。

個人的には好きです。

他にはWoodencameraのリグもご用意しております。

WoodencameraのリグはCanon 5DMk3など、少し大きめのカメラも載せることが可能です。

最後に、大きめのレンズをご使用の時はなるべくレンズサポートを使いましょう。

重さでカタボケやカメラ本体の故障の原因となります。

Y.D.S.ホームページ  www.yds-net.com
Y.D.S.ネットショップ http://ydsnet.shop-pro.jp/
| sakezo | レンタル機材 | 21:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:05 | - | - |









http://yds-net.jugem.jp/trackback/227
ブログパーツUL5
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ YDS Homepage
YDSのホームページです www.yds-net.com
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE